AIONCLOUD BLOG

Share information related to AIONCLOUD !

ブログページへ戻す

WAFとクラウドベースのWAFの違いは何ですか?

従来のネットワークファイアウォールとは異なり、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)は、Webアプリケーションセキュリティ専用に開発されたソリューションです。
Webファイアウォールは、他のセキュリティアプライアンスが実際のWebサーバーに到達する前に見逃す疑いのあるWebトラフィックを検査し、違法トラフィックをフィルタリングした後に自動的に悪意のあるWebトラフィックを捕捉します。

WAFはさまざまな脅威を緩和するために不可欠ですが、企業は高価なアプライアンス製品の導入に躊躇することが良くあります。

クラウドベースのWAFは、WAFの機能と性能をそのままに、初期設備投資無しに導入を可能にする新しいサービスです。
スレットインテリジェンスを使用すると、関連するスレット検出情報を共有し、結果を自動的に改善し、検出率を高めることができます。
また、初期投資が不要なため、即効性があり、高い費用対効果が見込めるソリューションです。
ユーザーは、既存システム環境に新たなソフトウェアやハードウェアを追加、変更する必要はありません。
簡単に設定できるカスタムルールを適用し、Webサイトを様々な脅威から効果的に保護することができます。

AIONCLOUDは、クラウドベースのWAFを無償で提供する画期的なサービスです。
セキュリティの脅威を最小限に抑え、Webサイトの保護とパフォーマンスの向上を保証します。
AIONCLOUDのWAFは、さまざまな攻撃からWebサイトを保護し、ビジネスパフォーマンスを向上させるユニークなサービスです。
DNS設定を変更するだけで、ウェブサイトのトラフィックはAIONCLOUDネットワークに転送されます。
WAFは、正当なアクセスを保証しながら、SQLインジェクション、DDoS、情報開示、盗難識別など、さまざまなWebの脅威からWebサイトを保護します。

さあ、WAFを使ってみましょう!

WAFは、プロキシベースの独自技術によって開発されたWebセキュリティサービスです。
優れたプロキシモジュールにより、すべてのWebトラフィックが任意に設定されたページに転送されます。
オリジンサーバにトラフィックを転送する前に、悪意のあるトラフィックを分析してブロックし、セキュアなデータだけをクライアントに配信します。
さらに、クラウドWAFは脅威(スレット)情報にも対応しています。
WAFはスレットインテリジェンスを統合するために脅威情報を収集、分析、共有し、ゼロデイ攻撃や新種の脅威からWebアプリケーションを防御します。
さらに、WAFはセキュリティルールをカスタマイズすることで、Webサイトにアクセスできるユーザーを特定のIP、URL、国別などで制御することが出来ます。

クラウドWAFは、高度なITの専門知識が無くても簡単に導入や管理ができます。
直観的なユーザ・インターフェース(UI)は、Webサイトの現況(ステータス)をリアルタイムに監視できます。
また、セキュリティポリシーも簡単に設定でき、運用にも手間がかかりません。
WAFを使用すると、企業はロケーションを気にすることなくどこでもWebサーバーをセキュアに運用できます。
Webサイトのプラットフォームやビジネス規模にかかわらず、Webサイトを持っている全てのユーザが使用できます。
Webサイトを登録してDNS設定を変更すると、3分以内にWAFのセキュリティサービスにアクセスできます。
インストールは一切不要で、メンテナンスのためのハードウェアやソフトウェアは必要なく、コードの変更も不要です。

Scroll Up